せき‐ぐち【×堰口/関口】 の意味

  1. 井堰 (いせき) の水の流出口。
  • 名詞
  • せき‐ぐち【×堰口/関口】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 小石川区内では○植物園門前の小石川○柳町指ヶ谷町辺の溝○竹島町の人参川○音羽久世山崖下の細流○音羽町西側雑司ヶ谷より関口台町下を流れし弦巻川。

      永井荷風「葛飾土産」

    • ・・・小石川の高台はその源を関口の滝に発する江戸川に南側の麓を洗わせ、水道端から登る幾筋の急な坂によって次第次第に伝通院の方へと高くなっている。

      永井荷風「伝通院」

    • ・・・又幕府の小石川関口の水道工事の役人になって何年か過したが、この経済的に不遇な感受性の烈しい土木工事監督の小役人は、その間に官金を使いこんだ廉で奉行所から処分されたりもしている。

      宮本百合子「芭蕉について」