出典:デジタル大辞泉(小学館)

《中国春秋時代の孟嘗君がにせの鶏の鳴き声によって函谷関を脱出したという「史記」孟嘗君伝の故事をふまえて清少納言が詠んだ歌「夜をこめてとりのそらねにはかるとも世にあふ坂の関は許さじ」から》の異称。

「―も声ごゑに、夢も跡なく夜も明けて」〈謡・松風