出典:デジタル大辞泉(小学館)

馬・象・駱駝 (らくだ) ・麒麟 (きりん) ・有翼獅子などの獣をかたどった石像。中国で、帝王や貴人の墓所・宮殿・祠廟 (しびょう) などの前に守護・装飾として置かれた。代からみられ、六朝 (りくちょう) から代にかけて盛んに行われた。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉