せき‐しょう〔‐シヤウ〕【石×菖】例文一覧 3件

  1. ・・・僕はだんだん石菖のかげに二匹の沢蟹の隠れるのを見ながら、M子さんのお母さんと話していました。が、いつか僕等の話に全然興味を失っていました。「みんなの帰って来るのは夕がたでしょう?」 僕はこう言って立ち上りました。同時にまたM子さんの・・・<芥川竜之介「手紙」青空文庫>
  2. ・・・しかし先生はこの薄暗く湿った家をば、それがためにかえってなつかしく、如何にも浮世に遠く失敗した人の隠家らしい心持ちをさせる事を喜んでいる。石菖の水鉢を置いた子窓の下には朱の溜塗の鏡台がある。芸者が弘めをする時の手拭の包紙で腰張した壁の上には・・・<永井荷風「妾宅」青空文庫>
  3. ・・・其処から窓の方へ下る踏板の上には花の萎れた朝顔や石菖やその他の植木鉢が、硝子の金魚鉢と共に置かれてある。八畳ほどの座敷はすっかり渋紙が敷いてあって、押入のない一方の壁には立派な箪笥が順序よく引手のカンを并べ、路地の方へ向いた表の窓際には四、・・・<永井荷風「夏の町」青空文庫>