せきしょく‐きょせい【赤色巨星】 の意味

  1. 表面温度が低い巨星のうち、スペクトル型がK型・M型の恒星水素核融合で使い果たされ、ヘリウム炭素珪素などの重い元素がたまった中心部が収縮を起こすと、外層部は膨張を始め、巨大な赤い星となる。やがて外層部はガスとして放出され、惑星状星雲を残して中心部は白色矮星となる。→赤色超巨星