出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「後漢書」光武紀から》心から人を信じて、まごころをもって接することのたとえ。