出典:デジタル大辞泉(小学館)

地中に堆積 (たいせき) した過去の植物が、埋没後長い年月の間に分解・炭化した可燃性の岩石。炭化の程度により泥炭亜炭褐炭瀝青 (れきせい) 炭無煙炭に分けるが、普通は瀝青炭をさす。色は黒く緻密 (ちみつ) で塊状。多くは古生代石炭紀の植物を起源とするが、日本では古第三紀のものが主。燃料・化学工業用原料にする。 冬》「―を投じたる火の沈みけり/[下接句]虚子