出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1642~1707]中国、清初の画家。姓は朱、名は若極。法名、道済または原済。字 (あざな) は石濤。号、苦瓜 (くか) 和尚・大滌子 (だいてきし) など。明の宗室の出身。山水画に意想豊かな独創性を示した。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉