せき‐の‐と【関の戸/関の門】 の意味

  1. 関所の門。関門。せきど。また転じて、関所。
    • 「―も明け方近くなりにけり今なくとりはそらねならじな」〈続古今・雑中〉
  • 名詞