せき‐はい【惜敗】例文一覧 1件

  1. ・・・彼の敵手は決勝まぎわに腹痛を起こして惜敗したと伝えられている。 こういう種類の競技には登場者の体重や身長を考慮した上で勝敗をきめるほうが合理的であるようにも思われるが、そうしないところを見ると結局強いもの勝ちの世の中である。 食いし・・・<寺田寅彦「記録狂時代」青空文庫>