出典:デジタル大辞泉(小学館)

いちばんのなじみ客。いっきゃく。

「秋田の―を見すまして、昼夜御機嫌 (きげん) を取りて」〈浮・一代女・五〉