出典:デジタル大辞泉(小学館)

関所の番小屋。
    1. 「人住まぬ不破の―の板びさし荒れにし後はただ秋の風」〈新古今・雑中〉

源氏物語第16巻の巻名。光源氏、29歳。源氏が石山寺へ参詣の途中、逢坂 (おうさか) の関空蝉 (うつせみ) と行きあい、往時をしのぶことなどを描く。

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

出典:gooニュース