出典:デジタル大辞泉(小学館)

十種雲形(雲級)の一。垂直に高く盛り上がり、大きな塔のように見える雲。上部には氷晶ができ、広がって朝顔状や鉄床 (かなとこ) 状になることが多い。雷雨を伴うことが多く、ときには雹 (ひょう) を降らせる。略号はCb。入道雲。雷雲。 夏》「天を焼く―の育つ峡 (かい) /林火」→雲級

出典:青空文庫

出典:gooニュース