出典:デジタル大辞泉(小学館)

急性の消化器系感染症の一。感染症予防法では、病原体によって細菌性赤痢(3類感染症)とアメーバ赤痢(5類感染症)に分けられる。飲食物を介して経口感染する。アメーバ赤痢は熱帯・亜熱帯に多く、日本では普通は赤痢菌による細菌性赤痢をさす。2~4日の潜伏期ののち高熱を発し、連続的に便意を催し、主に粘液質の血便が出る。血屎 (ちくそ) 。血痢。しゃくり。 夏》「おもかげのなほうるはしき―かな/草城