出典:デジタル大辞泉(小学館)

見えをはり、外聞を気にすること。世間体 (せけんてい) を繕う心。

「兼ねて用心せよと、―のかしこき人の言ひしらせける」〈浮・織留・六〉