出典:デジタル大辞泉(小学館)

岩野泡鳴 (いわのほうめい) が唱えた描写の方法論。小説の中で、作者の主観を移入した人物を設定し、その視点から描写を一元的に統一すべきだとする。田山花袋の平面描写に反対して主張したもの。⇔多元描写