出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]

  1. 《八難の一である「世智弁聡」の略》世渡りの知恵にたけていること。また、そのさま。

    1. 「内々は―にて、心まさなく厳しく精練なりけるままに」〈米沢本沙石集・三〉

  1. 勘定だかいこと。けちなこと。また、そのさま。

    1. 「小笹に露のたまられぬ始末算用―も人にこそよれ」〈浄・油地獄