出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. みさお。節操。「節を曲げない」

  1. 時間的な経過のくぎりめ、または一時期。「上京の節世話になる」「その節はよろしく」

    1. ㋐1年を春夏秋冬の四つにくぎった1期間。季節。

      「いまの―では、しかし、百花園…?」〈万太郎・春泥〉

    2. ㋑暦でいう二十四節気のこと。また、そのうち立春啓蟄 (けいちつ) など、一つおきの節気で、旧暦で月の前半にくるものをいう。

      「兎角するうちに―は立秋に入った」〈漱石

    3. ㋒節句 (せっく) 。

  1. 物事のくぎりめ。また、くぎられた部分。

    1. ㋐歌曲のふし。

    2. ㋑詩歌・文章・楽曲などの一くぎり。「詩歌の一節」

    3. ㋒プロ野球などの日程のくぎり。

  1. 竹・枝・骨などのふし。

  1. 君命を受けた将軍や使節に交付されるしるしの手形。

  1. 速さの単位。ノットのこと。

  1. 文を構成する部分として一つのまとまりをなす連文節で、その中に主語・述語の関係を含むもの。

  1. 商品取引所で行われる立ち合いの区分。

    1. 頃 (ころ) [用法]