出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. 心をこめてするさま。ねんごろ。せち。「平和への切なる願い」「切に健闘を祈る」

  1. 身にしみて強く感じるさま。せち。

    1. 「またなによりも―なりしは、大雪降って寒かりしに、秘蔵せし鉢の木を切り、火に焚きあてし志」〈謡・鉢木

  1. さしせまった事情にあるさま。非常に厳しいさま。せち。

    1. 「さなきだに傾城は内しょ―なるものなるに」〈洒・契情買虎之巻