出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]じょうずでないこと。つたないこと。また、そのさま。⇔
    1. 「主人は寧ろ―な部類に属すると云ってよろしい」〈漱石吾輩は猫である

[代]一人称の人代名詞。男性が自分自身をへりくだっていう語。遊里などで用いられた。
    1. 「―も今日たまげて仕舞いやしたのサ」〈木下尚江良人の自白