出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。

[補説]書名別項。→一期一会

[四字熟語]カテゴリの言葉