ぜつえん‐はかい〔‐ハクワイ〕【絶縁破壊】 の意味

  1. 絶縁体に加わる電圧を上昇させた時、ある電圧で急激に電流が流れる現象。また、この電圧を絶縁破壊電圧という。