せっかい‐がん〔セキクワイ‐〕【石灰岩】例文一覧 1件

  1. ・・・ブドリは、すぐネリたちをつれてそこへ行って、白い石灰岩の墓をたてて、それからもその辺を通るたびにいつも寄ってくるのでした。 そしてちょうどブドリが二十七の年でした。どうもあの恐ろしい寒い気候がまた来るような模様でした。測候所では、太陽の・・・<宮沢賢治「グスコーブドリの伝記」青空文庫>