出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世、一期(一生涯)に限って領有を認められた所領のこと。所領の分散を防ぐため、庶子や女子への譲渡は一期分とし、死後は惣領など所定の人に返還させた。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉