せつぎ‐ほう〔‐ハフ〕【設疑法】 の意味

  1. 修辞法の一。結論を疑問の形式にして、読者みずからに判断させる方法。
  • 名詞