出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「せつじゅ」とも》息が絶えること。また、気絶すること。ぜつにゅう。

「かれが嗔 (いか) って向かふ時は大の男も―す」〈平家・五〉