せっしゅう〔セツシウ〕【雪舟】 とは

  1. [1420~1506]室町後期の画僧。備中の人。諱 (いみな) は等楊 (とうよう) 。京都の相国寺に入り、画技を周文に学んだ。山口に画房、雲谷庵 (うんこくあん) を開設。渡明を挟んで宋元画を広く学び、のち大分に天開図画楼 (てんかいとがろう) を開設。自然に対する深い観照のもとに個性豊かな水墨山水画様式を完成し、後世に多大な影響を与えた。作「天橋立図」「山水長巻」など。
  • せっしゅう〔セツシウ〕【雪舟】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・日本人は画の理解があればあるほど狩野派とか四条派とか南宗とか北宗とかの在来の各派の画風に規矩され、雪舟とか光琳とか文晁とか容斎とかいう昔しの巨匠の作に泥んだ眼で杓子定規に鑑賞するから、偶々芸術上のハイブリッドを発見しても容易に芸術的価値を与・・・

      内田魯庵「淡島椿岳」

    • ・・・しかるにまた大多数の人はそれでは律義過ぎて面白くないから、コケが東西南北の水転にあたるように、雪舟くさいものにも眼を遣れば応挙くさいものにも手を出す、歌麿がかったものにも色気を出す、大雅堂や竹田ばたけにも鍬を入れたがる、運が好ければ韓幹の馬・・・

      幸田露伴「骨董」

    • ・・・ところが第三楽章の十二句になると、どうもだいぶ気が軽くなり行儀がくずれてはれた足を縁へ投げ出したり物ごとにだだくさになったり隣家とけんかをしたり雪舟の自慢をしたりあばたの小僧をいやがらせたり、どうもとかくスケルツォの気分が漂って来る場合が多・・・

      寺田寅彦「連句雑俎」