出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 一つの文字。

  1. 《一文銭 (いちもんせん) の表面に文字が四つあるところから》1文の4分の1。2分5厘。〈書言字考節用集〉

  1. (「一銭一字」「一文一字」などの形で)わずかな銭 (ぜに) 1文を強調する言い方。

    1. 「一文―違うても、おのれが生けておかれうか」〈浄・二枚絵草紙〉

出典:gooニュース