出典:デジタル大辞泉(小学館)

ひたすらに思う心。

「私の―は、梅子さん、疾 (と) く御諒承下さるでしょう」〈木下尚江火の柱