ぜっ‐しょく【絶食】 の意味

  1. [名](スル)食物をまったくとらないこと。「検査のため一日絶食する」
  • 名詞

ぜっ‐しょく【絶食】の慣用句

  1. ぜっしょくりょうほう【絶食療法】
    • 食物を絶って行う治療法。断食療法。飢餓(きが)療法。
  • ぜっ‐しょく【絶食】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・跡から取調べたり、周囲の人を訊問して見たりすると、女房は檻房に入れられてから、絶食して死んだのであった。

      著:オイレンベルクヘルベルト 訳:森鴎外「女の決闘」

    • ・・・跡から取調べたり、周囲の人を訊問して見たりすると、女房は檻房に入れられてから、絶食して死んだのであった。

      太宰治「女の決闘」

    • ・・・に略奪されて二三日絶食した人もある。

      寺田寅彦「地図をながめて」