ぜっ・する【絶する】 の意味

  1. [動サ変][文]ぜっ・す[サ変]
  1. (「…に絶する」「…を絶する」の形で)他とかけ離れる。こえる。「古今に―・する名作」「想像を―・する」
  1. 断つ。絶える。「音信を―・する」
  • ぜっ・する【絶する】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・野中先生のおっしゃるには、この世の中にいかにおびただしく裏切りが行われているか、おそらくは想像を絶するものだ、いかに近い肉親でも友人でも、かげでは必ず裏切って悪口や何かを言っているものだ、人間がもし自分の周囲に絶えず行われている自分に対する・・・

      太宰治「春の枯葉」

    • ・・・平生之を怠っていながら、一旦同書が現代文学全集中に転載せらるると見るや、奇貨居くべしとなし、俄に版権侵害の賠償を請求するが如きは貪戻言語に絶するものである。

      永井荷風「申訳」

    • ・・・が言語に絶する伏字、削除をもって発表されている。

      宮本百合子「同志小林の業績の評価によせて」