出典:デジタル大辞泉(小学館)

定常波などで、振幅が零または極小のところを節 (ふし) または節 (せつ) といい、これを結んでできる線。弦の振動では点、膜や板の振動では曲線や直線となって現れる。