• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

せっそく‐どうぶつ【節足動物】 の意味

  1. 動物界の一門。体はクチクラの外骨格に覆われ、成長にともなって脱皮をする。体節に分かれ、頭・胸・腹部があり、各節に付属肢が一対ずつつくのが原則。頭にはたいてい触角・目をもつ。全動物の4分の3近くの80万種以上を含み、昆虫甲殻類蛛形 (ちゅけい) 類唇脚類倍脚類剣尾類などに分けられる。
  • せっそく‐どうぶつ【節足動物】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・則ち人類から他の哺乳類鳥類爬虫類魚類それから節足動物とか軟体動物とか乃至原生動物それから一転して植物、の細菌類、それから多細胞の羊歯類顕花植物と斯う連続しているからもし動物がかあいそうなら生物みんな可哀そうになれ、顕花植物なども食べても切っ・・・

      宮沢賢治「ビジテリアン大祭」