出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉末期から室町時代にかけて行われた寺院建築様式の一。和様大仏様禅宗様の手法を取り入れ、三者を折衷したもの。大阪府河内長野市にある観心寺金堂はその代表例。観心寺様。