出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 中国、五代の軍職。初めは辺境警備のための軍団の統率者であったが、安史の乱後は国内の要地にも置かれ、諸州を管轄して兵政・民政・財政を任され、強力な権限をもつようになった。初に廃止。藩鎮。

  1. 奈良時代、唐制にならい、地方の軍政と防備を任務とした臨時の職。天平4年(732)と天平宝字5年(761)とに2回置かれた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉