出典:デジタル大辞泉(小学館)

ぜつじゅ(絶入)」に同じ。

「躬 (みずから) も終に及ばずして此処に―せんと思えば」〈紅葉金色夜叉