出典:デジタル大辞泉(小学館)

禅宗で、師が修行者の智慧のはたらきをとどめ、修行の完成に向かって自由自在に導くはたらきを活殺自在の剣にたとえた言葉。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉