せっ‐ぱん【折半】例文一覧 1件

  1. ・・・その上旅費は奇麗に折半されるんだから、愚の極だ」「しかし僕の御蔭で天地の壮観たる阿蘇の噴火口を見る事ができるだろう」「可愛想に。一人だって阿蘇ぐらい登れるよ」「しかし華族や金持なんて存外意気地がないもんで……」「また身代りか・・・<夏目漱石「二百十日」青空文庫>