ぜつぼう‐かん〔ゼツバウ‐〕【絶望感】 の意味

  1. 希望が全くなくなったという気持ち。望みが絶たれてどうにもならないという思い。「再逆転されてチームに絶望感が漂う」
  • 名詞