出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「狭門 (せと) 」の意。「せど」とも》

  1. 相対した陸地の間の、特に幅の狭い海峡。潮汐 (ちょうせき) の干満により激しい潮流が生じる。

  1. 瀬戸際 (せとぎわ) 」の略。

    1. 「死ぬか生きるかの―に乗っかかる時」〈露伴五重塔

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉