出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 是と非。正しいことと正しくないこと。また、正しいかどうかということ。「是非を論じる」「是非を問う」

  1. 物事のよしあしを議論し判断すること。批評すること。

    1. 「新聞が全紙面を埋めて是れを―する位じゃないか」〈荷風・ふらんす物語〉

[副]
  1. どんな困難も乗り越えて実行しようとするさま。どうあっても。きっと。「計画を是非やり遂げたい」

  1. 心をこめて、強く願うさま。なにとぞ。「是非おいでください」

  1. ある条件のもとでは必ずそうなると判断できるさま。必ず。きまって。

    1. 「尾端の所から喰ふ様にすると、―跡へよい所が残る」〈松翁道話・一〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫