出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]ぜひな・し[ク]
  1. 当否や善悪の判断にかかわらない。しかたがない。やむを得ない。「―・く中断する」

  1. しゃにむに事を行うさま。

    1. 「かくいふ夫を、逃げてくだるぞと心得て―・くしかりて」〈著聞集・一六〉

  1. 言うまでもない。当然である。

    1. 「物狂ひの出で立ち、似合ひたるやうに出で立つべき事、―・し」〈花伝・二〉