出典:デジタル大辞泉(小学館)

責め折檻 (せっかん) 」に同じ。

「親方にたてづいて勤めに出ぬ故、―すれど」〈浮・歌三味線・二〉