せめ‐ふ・す【責め伏す】 の意味

  1. [動サ下二]
  1. 厳しく言って、無理に承服させる。説き伏せる。
    • 「―・せられければ、なまじひに山科へ向ひてけり」〈愚管抄・五〉
  1. 問いつめる。詰問する。
    • 「言葉を以て―・せて問はんずるものを」〈義経記・六〉
  1. こき使う。酷使する。
    • 「馬も人も―・せて候」〈平家・五〉
  1. 笛や舞などを高い、強い、または早い調子で演じる。
    • 「万秋楽は…真実は―・せて吹くべきなり」〈著聞集・六〉