せめ‐よ・せる【攻(め)寄せる】例文一覧 1件

  1. ・・・もし戦争をせねばならん時には日本へ攻め寄せるは得策でないから朝鮮で雌雄を決するがよかろうという主意である。朝鮮こそ善い迷惑だと思った。その次に「トルストイ」の事が出ている。「トルストイ」は先日魯西亜の国教を蔑視すると云うので破門されたのであ・・・<夏目漱石「倫敦消息」青空文庫>