出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1402~1481]室町中期の公家・学者。関白太政大臣。准三宮。博学多才で、特に歴史・有職 (ゆうそく) 故実・文学に通じた。著「江次第抄 (ごうしだいしょう) 」「公事根源 (くじこんげん) 」「花鳥余情 (かちょうよじょう) 」「樵談治要 (しょうだんちよう) 」など。いちじょうかねよし。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉