出典:デジタル大辞泉(小学館)

売り主または買い主が、複数の者に対して目的物の買い受けまたは売り渡しの申し出を口頭でさせ、最高価額または最低価額の申し出をした者に承諾を与える売買契約の方法。また、売り手と買い手がともに複数の競 (きょう) 売買を含めていうこともある。

[社会/経済]カテゴリの言葉