セルビア【Serbia】 の意味

  1. バルカン半島中央部にある共和国。首都ベオグラード。旧ユーゴスラビアの政治・経済の中心をなした。14世紀からオスマン帝国の支配下にあったが、1918年に周辺他民族とともに独立。王政を経て1945年にユーゴスラビア連邦人民共和国を構成する1国として社会主義国となった。1990年代にスロベニアクロアチアボスニア‐ヘルツェゴビナマケドニアがユーゴスラビアより分離独立、2006年にモンテネグロが独立しセルビアは内陸国となった。2008年2月コソボが独立を宣言。人口734万(2010)。スルビヤ。

セルビア【Serbia】の慣用句

  1. セルビアせいきょうだいせいどう【セルビア正教大聖堂】
    • Saborna Crkva》セルビアの首都ベオグラードにあるセルビア正教会の大聖堂。19世紀、セルビア公ミロシュ=オブレノビッチ1世により建造。新古典主義様式の建物で、後期バロック風の塔をもつ。正式名称は聖ミカエル大聖堂。