出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. なすべき手段、方法。せんかた。

    1. 「泣くより外に―がなかったのだろう」〈左千夫野菊の墓

  1. 効果。価値。かい。ききめ。「後悔しても詮のないことだ」

  1. 煎じつめたところ。結局。

    1. 「申し受くるところの―は、ただ重盛が頸をめされ候へ」〈平家・二〉

  1. 選択。詮議。

    1. 「かやうのまことの―にあひ奉らんものは」〈盛衰記・一〉

  1. 物事の要点。必須。眼目。

    1. 「茶は水が―ぢゃといふが」〈虎寛狂・清水