出典:デジタル大辞泉(小学館)

《天下にただ一人の意》天子。天皇。上御一人 (かみごいちにん) 。

「―を始め進 (まゐ) らせて百官皆椒房 (せうばう) の月に涙を落とし」〈太平記・三三〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉